成年後見制度とはどういうものか

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な人が、何らかの契約を結んだり、遺産分割の協議をすることは難しいです。ですから、こういった方々を保護し、支援する必要があります。そのための制度が、成年後見制度です。成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度があります。法定後見制度とは、家庭裁判所によって選ばれた法定後見人が、本人を代理して契約を結んだり、本人が自分で法律行為をするときに同意を与えたり、本人が同意を得ないでした不利益な法律行為を取り消したりするものです。

ですから、法定後見人は本人の気持ちがわかる人でなければなりません。良心的な法定後見人でなければ、かえって本人の損になるようなことをしてしまいます。ですから、誰を法定後見人として選ぶのかが非常に重要なのです。任意後見制度とは、本人が十分な判断能力があるうちに、判断能力が不十分になったときのために、あらかじめ自らが選んだ代理人に、財産の管理などについて代理権を与える契約を公証人の作成する公正証書で結んでおくものです。自らが信頼できる人に任せるのですから、法定後見制度よりもいいと、私は思います。自分の判断能力というものは過信しがちです。しかし、加齢とともに判断能力というのは落ちるものです。それは仕方がないことです。ですから、判断能力があるうちに、判断能力がなくなったときのことを考えておいたほうがいいでしょう。

悪徳商法などの詐欺事件は、最近でもよくあります。こういった詐欺事件がなくなれば一番いいのですが、なくそうとしてもなくなるものではありません。また、詐欺事件の被害に遭ったときは、その財産はほとんどの場合、戻ってきません。ですから、自分の財産は自分で守り、詐欺の被害に遭わないようにしなければなりません。しかし、判断能力が落ちると、詐欺にひっかかってしまうこともあります。実際、高齢者を狙った詐欺というのは多いのです。おかしいなと思ったら、自分だけで判断せずに、誰かに相談することが重要です。ただ、判断能力がなくなると、誰かに相談することも忘れてしまうのです。ですから、成年後見制度という良い制度があるのですから、これを大いに活用するべきです。まずは、成年後見制度というものがあるということを知ることです。そして、たとえ若い人でも、自分には関係ないなどと思わずに、内容を理解することです。そうしておけば、必要なときに成年後見制度の存在を思い出すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*