交通事故の慰謝料の相場

交通事故にあった際、自分がどちらの立場かによるが慰謝料の相場は事故での怪我の状態などによって変わってくると思います。私の経験談では今の旦那と交際してた際に酔って横から出てきたおじいちゃんとぶつかってしまいました。旦那とおじいちゃんでその場で大丈夫と言われたので離れましたが、気になり戻ってみたら警察が。家族の人が見ていて戻ってきたからひき逃げにはなりませんでしたが、壊れた自転車代を払って和解することができました。おじいちゃんも軽い捻挫ですみました。その後、警察から事情聴取はされましたが、家族の方が優しい方で良かったです。本当、運転には気をつけないとと思いました。これで、入院とかだったらもっと高い金額払っていたのかなっと思います。皆さんも、交通事故は気をつけてください。そして、お互いが大丈夫だからと話が済んだと思わず必ず事故にあったら警察を呼んでください。罪も重くなりませんので。

交通事故に困ったとき、慰謝料の相場は?

もしも交通事故をおこしてしまったとき、慰謝料の相場に困るでしょう。交通事故で傷害を受けると被害者は、その痛みによる苦痛はもちろんのこと、入院や通院によって身体的自由が奪われること、検査や治療のわずらわしさ、生理的な異常など、数々の苦痛にさらされます。さらに仕事を持っている方は、仕事への影響、同僚への気兼ね、昇進への思惑など、実際の休業損害の他にも心理的な圧迫感が大きいのも事実です。これらの事情は人によってそれぞれ違いますので、本来は被害者の思うままに額を決めればいいのですが、ただやみくもに数字を言っているだけでは話がまとまらないばかりか、被害者に不利な結果になりかねません。交通事故を起こしてしまった場合は自己判断で済ませるのではなく、警察や弁護士に相談する、などして適正な慰謝料を払いましょう。

交通事故での相手への慰謝料の相場

私は4つ下の弟がいます2年前酒気帯びで相手はね現行犯逮捕で警察に連行されてしまいました。その日時間帯は深夜帯で私は眠っていた時の事です母から連絡があり警察の方にいっしょに来てくれないとの事でした。私はびっくりして目を覚まし急いで警察署の方に車で向かいに行きました。しかし現行犯逮捕と言う事で48時間出してもらえませんでした私たち兄弟は母子家庭で育ちいつも母の手助けを弟といっしょにやってきました今回は私が弟の面倒を見る番だと思い最後の面倒まで見ようと思っていました。それから2日後警察署まで弟を向かいにいきその足で被害者の自宅に向かい2人で謝罪をと思っていました幸い相手の男性はすごくいい人で慰謝料の話などまったくなく返って私たちの事すごく気使かってくれましたしかし相手にも迷惑を掛けたわけですのでできるだけの誠意はしました。交通事故に対しての慰謝料の相場と言うのはできるだけの誠意だと思います。

交通事故の法律問題は中村・橋本法律事務所におまかせください。 相談は平日9時から20時まで承ります。土日祝日も18時まで受付けます。 当事務所では、お客様がご相談にお越しになりやすいよう、千葉県内だけでも6事務所を設けましたので、ご都合の良い事務所にお越しください。 正当な賠償金を受け取る為に専門的な知識と経験を持った交通事故専門の弁護士が担当します。 交通事故慰謝料の相場感はウェブサイトをご覧ください。